忍者ブログ
  • 2018.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.09
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/08/20 20:28 】 |
ゲゲゲの鬼太郎
いつも三面くらいで死んでいた。左右スクロールのアクションゲーム。画面を移動しながら、敵を一定数倒したり、蝋燭に一定数火をつければステージクリアのドアが2つ表れる。片方はクリアで、片方は中ボス戦に移行する。中ボス戦は上下スクロールのアクションで、一番上に待ち構える中ボスに向かって、ステージを上り進んでいく。2面くらいやれば同じ中ボスにあたるという、使いまわしステージなのだが、それでもアクションしてればおもしろいもんである。一つ一つのステージをクリアしつつ、水晶玉を集めれば、大ボスが待ち構える城に乗り込んでいく。待ち構えるボスは様々いるが、たぶん、私は全ボスキャラを見ることができなかった。二面か三面までの大ボスまでしかしらない。空中で火の玉円状に展開させてふわふわしているボスとか、高いジャンプで上下移動をしまくる雪ん子とか。ボス戦ではおなじみの、ぬり壁、砂かけばばあ、こなきじじいが協力してくれる。それぞれシールド、敵の弱体化(飛び道具がでない)、敵の動き止め、だったと思う。今ならかなり行けるとは思うが、無限ループらしい。なんで昔のアクションとかシューティングって、エンディングがないんだろう。

にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ人気ブログランキングへ
PR
【2011/01/26 13:43 】 | 記憶のゲーム | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<ゲゲゲの鬼太郎 | ホーム | アーガス>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>