忍者ブログ
  • 2018.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/11/18 11:52 】 |
アーガス
縦シューティングのファミコンゲーム。
ショットとボムの2ボタン操作だが、敵は基本的にショットで対応し、ボーナスアイテムをボムで拾う感じだった。
当時小学生だった私はまったくクリアできず、2面か3面でしにまくっていた。ボムで同じアイテムを二度拾うとパワーアップするのだが、それも理解できずに適当にアイテムを拾い、運が良ければパワーアップをしていた。
このゲームはボス撃破後に、滑走路に着陸するボーナスステージがあるのだが、小学生だった私は滑走路に飛行機を着陸させるゲームであることにまったく気付かなかった。急に敵がいなくなり、目の前にねずみ色のライン。画面の上にL型のグラフがあり、そこに現在の高度を表す点と、理想的な降下ラインが線で表示されるのだが、当時の私にはそれがなんなのか全く理解できなかった。滑走路に急な角度で突っ込むと墜落扱いになってしまうのだが、何故そうなるのかわからず、ただただ原因不明の墜落に恐れ震えていた。今ならかなりの面まで進めると思う。こういうシンプルさで20面くらいで一周するようなゲーム出せが少しは需要があるような気がするんだけどなあ。今のは全7,8面くらいだけど、難しすぎます。


にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ人気ブログランキングへ
PR
【2011/01/26 13:39 】 | 記憶のゲーム | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<ゲゲゲの鬼太郎 | ホーム |
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム |