忍者ブログ
  • 2018.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/11/18 11:52 】 |
パルテナの鏡
天使のピット君が主人公のアクションゲーム。ステージをどんどん登っていく上下スクロール、右へ右へと進む横スクロール、ダンジョンを探索する上下左右スクロールがある。そこそこの射程がある弓とジャンプアクションんを駆使して、メデューサ率いる悪の軍団に戦いを挑んでいく。
敵を倒してハート型のお金を集めたり、試練を乗り越えることでパワーアップしたりしつつ、ダンジョンの奥底で待ち構えるボスを倒していく。こういう、お金があったり、一定の場所に行けばパワーアップしたり、RPG的な要素を持つアクションゲームって意外に少ないような気がする。アクションできるRPGはあるんだけど、RPG要素を持ちつつアクションゲームの楽しさ、プレイヤー自身のレベルアップによって、ステージを攻略していく楽しさを持つゲームってあんまり見ない。アクションゲームのバランス調整って、多分ものすごく難しいのだろう。このゲームはクリアしても何度でも楽しんで遊ぶことができる。
このゲーム最大の強敵はダンジョンに出てくるなすび使いである。なすびを投げつけてきて、それにあたるとピット君がなすびになってしまい、一切の攻撃ができなくなる。ダンジョン内に1つか2つある温泉に行けば回復できるが、ボスの部屋の目の前になすび使いが待ち構えているので、そこまで行ってなすびになり、泣く泣く温泉を目指したことプレイヤーも多いだろう。ちゃんと強い奴がボスの部屋を守っているリアリティーは大切なことだと思う。
 ボスによっては、なすびのまま戦いを挑んでも勝てることもある。ボス戦では、ダンジョン内で助けた数だけ援護キャラのしもべが手伝ってくれる。このしもべ一撃でやられてしまうが、ピット君から見て右上と左上の固定位置に登場するので、上手くすればボスの攻撃を避け続けることも可能。こういう自由さって良ゲーに必要なものだと思う。
 なんか、willでリメイク?されるらしい。未プレイの方は是非、メーカーの本気を味わえる、貴重な作品です。

にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ人気ブログランキングへ
PR
【2011/01/26 13:54 】 | 記憶のゲーム | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<いっき | ホーム | ドラクエ3>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>